結納のご案内

結納は、両家の幸せを祈願する婚約と誓いの儀式です。

結納とは…

二人の婚約を公にし、男性側の誠意を贈る儀式です。

結納は、結婚の約束を世間一般に公開し、「どんなことがあっても変更しません」ということを示す婚約の儀式であると共に、両家のこれからの親交と繁栄を祈念する誓いの儀式です。
本来、仲人が両家の間を行き来して行うのが正式です。しかし、近年では、そうした正式結納ではなく、仲人をたてず両家が一同に会して行う「略式結納」が多くなっています。

結納の日取り

結婚が決まったら、まず、女性のご両親にあいさつをしましょう!
結婚を決めたら、まず男性が女性のご両親に結婚の許可をいただきに行きます。服装はダークスーツ、手土産くらいは持参しましょう。 お互いの両親に結婚の許しを得たら、いよいよ両家の顔合わせです

「根切り」

男性側が女性側を訪ねて結納の日取りを決めることを「根切り」と呼び、結納をする日を決めます。男性側は「角樽(つのだる)と「御肴料」として1~3万円を包んで持参します。 これは女性側にごちそうを贈ることを意味します。最近では料亭で行う場合もあるようです。当日の食事代は男性側が持ちます。

結納の日は、できれば「大安」で

結納の時期はお互いの都合に合わせて、出来れば「大安」の日にしましょう。以前は挙式の挙式の半年前ぐらいに行われていましたが、今では両家の都合に合わせて様々です。
お日柄としては「大安」、「友引」が良いでしょう。また、おめでたいことは午前中に行うのが一般的です。

結納の準備

【男性側の準備】

男性側が女性側に包む結納金ですが、相場は100~150万円。結納金とは別に「酒・肴料」としてそれぞれ1~3万円包みます。
また、婚約指輪の相場は給料の約2~3ヶ月分と言われますが、お二人で良く相談して選ぶと良いでしょう。
次に金額や女性側の家に床の間があるか、マンションかなど住宅事情に合わせて結納セットを決定します。

【女性側の準備】

女性側は「受書」を用意します。受書は結納の領収書であり、婚約証明書にもなります。前もって準備が必要です。

【お返し結納】

お返し結納は結納に対してのお礼の気持ちです。現在ではお互い忙しいのもあり、結納当日にお返しするケースが増えています。
結納当日に行う場合は床の間の前は空けておき、 その横にお返し結納を飾ります。お返し結納の結納金は地域によって違いますが、袴料として結納金の一割程度が一般的です。また酒料、肴料として男性からいただいた同額を包みます。

結納品

奇数でそろえる結納品

目録は結納の品目を書いた明細(書)のようなもの。逆に受け書は、納められた結納を「確かに受け取りました」という受領書になります。
古来、結納品は現物の受け渡しをしていましたが、現在は水引細工がほどこされた品々のセットになっています。
基本は熨斗(鶴)、寿栄広(亀)、御帯(松)、松魚(梅)、家内喜多留(竹)の五品が基本ですが、最近ではほとんどの場合、婚約指輪(結美和)をつけますので、それにもう一品(高砂が多い)を加え、七品の奇数セットにします。

結納品
結納品
結納品
結納品
結納品
結納品

結納品

結納の流れ

  • 結納の流れ
  • 結納の流れ
  • 結納の流れ
  • 結納の流れ
  • 結納の流れ
  • 結納の流れ
  • 結納の流れ
  • 結納の流れ